ご挨拶

学会長ご挨拶

第39回日本医用画像工学会大会は山形大学大学院教授 湯浅哲也大会長の運営のもとで,2020年9月17日(木)から19日(土)の3日間,山形テルサにて開催されることになりました.一年以上前から準備をされてきた大会関係者や事務局の皆様,そして企業の業務委員会の皆様のご尽力に厚く御礼申し上げます.今年は,オリンピックが東京を中心に開催されるために,会期を9月に移動しての開催となっています.

日本医用画像工学会では学術大会の中で,AI技術の医用画像工学への応用をこれまでさまざまな形で取り上げてきました.2016年(千葉:羽石秀昭大会長)は教育講演という形でスタートし,2017年(岐阜:藤田広志大会長)は教育講演とさまざまなセッションを,また,この大会から実際にコンピュータを使って講習を行うハンズオンセミナーを開始し,AI技術を学ぼうとする研究者,企業の開発者,学生に対して実地訓練の場を提供してきました.そして,2018年(筑波:工藤博幸大会長)以降は,AI技術を大会のテーマに掲げ,特別講演,教育講演,シンポジウム,ハンズオンセミナーと展開してきました.昨年度の2019年(奈良:佐藤嘉伸大会長)には,AI技術と画像診断・処理に重点をおいた企画が組まれ,今年の2020年の大会では「AI画像:診断から治療へ」というテーマで,AI技術と放射線治療の関係に踏み込んでいます.AI技術は,もはや,一般的な技術になっている感がありますが,奥が深いので研究面,そして実用面での展開は限りがないように思います.

今年も,昨年に引き続き短時間の口頭発表(ティーザー)とポスター発表を組み合わせた発表形式になっており,すべての発表の概要を聞くことができるとともに,突っ込んだ議論がポスター会場でできるようになっています.また,特別講演で重粒子線治療の概要を知ることができるばかりでなく,実際の治療装置の見学ツアーも企画され,より理解が深まるものと思っています.この他にも,透過力の高いミューオンを用いたピラミッドのイメージングやオプティカル・コヒーレンス・トモグラフィ(OCT)による網膜イメージングなど,X線やガンマ線を波動の主体としている医用画像処理の研究者に対しても目新しいテーマの講演を聴くことができます.さらに,政府が第5期科学技術基本計画の中で進めているSociety5.0の技術の医療面での社会実装に関する特別講演も用意され,盛りだくさんの内容となっています.この大会における皆様の活発な意見交換により,医用画像工学の研究が大きく進展することを期待しています.

日本医用画像工学会
会長 尾川 浩一(法政大学)

大会長ご挨拶

第39 回日本医用画像工学会(JAMIT)大会を2020 年 9 月 17 日(木)~ 19 日(土)に山形市にて開催させていただくことになりました.例年JAMIT大会は7月中・下旬に開催されていますが,本年は東京オリンピックの開催時期と重なったため,2ヶ月後ろ倒しの開催となります.また,東北では初めての開催となり,異例づくしの大会となりますが,たくさんの方にご出席いただけるよう鋭意準備を進めております.

大会のテーマは「AI画像:診断から治療へ」としました.AIの威力と影響力については今更言わずもがなでありましょうが,これまでJAMIT大会では主に診断への応用が議論されてきました.そこで,本大会では,AI画像処理の放射線治療への応用を一つのトピックにしようと考えております.手前勝手ではありますが,奇しくも2020年は弊学医学部における重粒子線がん治療の開始初年となります.そこで,ハードとソフトの調和により優れた治療システムが構築されるという観点に立ちプログラムを構成しました.まず,特別講演として放射線がん治療の権威である根本建二 先生(山形大学)を講師にお招きし,重粒子線がん治療の最前線についてご講演をお願いしています.次に,シンポジウムでは「粒子線治療とAI画像技術」(オーガナイザー:臼井桂介 先生(順天堂大学))というテーマで気鋭の先生方からAIを活用した治療支援技術に関するご講演をお願いしています.さらに,弊学医学部におきまして,重粒子線がん治療装置の見学ツアーを企画しております(案内:岩井岳夫 先生(山形大学)).こちらの企画は事前に参加者を募る予定ですので,皆様奮ってご応募ください.

もう一つのトピックとして,山形開催という点を考慮して,山形にゆかりの深い医療技術であるOCT(Optical Coherence Tomography)をシンポジウムのテーマにとりあげました.「OCTの技術的進歩と事業化,AI適用,そして臨床応用」(オーガナイザー:秋葉正博 先生(㈱トプコン))というテーマでOCTの発明から現在までの進展を,OCTに関わる工学,医学,企業を代表する方々にご講演いただきます.

医用画像処理とは少し距離をおきますが,「AI / IoTとヘルスケア」および「イメージング」をキーワードに先生をお二方ご招待させていただきました.お一方は,宮田裕章 先生(慶応大学)です.報道番組の解説などでご存知の方も多いと思いますが,先生には,「Society 5.0時代のヘルスケア」というテーマでご講演いただきます.ここでは,IoTやAIを軸に今後医療サービスがどのような変革を遂げ,どのような形態を取ってゆくべきかについてご講演いただきます.もうお一方は,森島邦博 先生(名古屋大学)です.テレビ等でご存知の方も多いと思いますが,先生は,宇宙から降り注ぐミューオンを用いてピラミッドのレントゲン写真を撮像し,ピラミッド内部の未知の空間を発見されました.壮大なスケールのイメージングについてのお話しを聞いて,しばし太古に思いを馳せるというのはいかがでしょうか?

例年大好評を博しております深層学習ハンズオンは今年も開催いたします.昨年に引き続き,初心者コースと中級コースとに分け,都合5回の開催を予定しております.事前受付制になっております.ぜひ奮ってご応募ください.また,今大会でも昨年に引き続き,一般演題をすべてシングルセッションにして,参加者が全発表を共有できる形態にしたいと思っております.短い口頭発表とポスター発表の両方を全発表者に行っていただく予定です.いろいろな分野の発表に触れ,ポスターセッションでの活発な議論を期待しております.

開催場所である山形テルサは,JR山形駅から徒歩3分のところにあります.駅周辺にはたくさんのビジネスホテルがございますが,初秋という季節柄,各種イベントの開催により宿泊予約が取りにくくなることも十分に予想されます.宿泊のご予約はお早めにお願いします.山形には初めてお越しになられる方も多いと存じますが,温泉の名所や果物の産地として皆様よくご存じであるかと思います.さらに,ミネラルを含んだおいしい水と全国有数の米どころとしての特色を生かし,日本酒の醸造が非常にさかんです.皆様と山形でお会いできることを楽しみにしております.

第39回日本医用画像工学会大会
大会長 湯浅 哲也(山形大学)